ニックネームhtrlaser
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
2023年10月29日(日) 16時28分
さまざまな作業距離で高精度で十分に細い線を生成しようとすると、正式に手を伸ばすよりも十分に効果があるかもしれません。 しかし、532nm緑色DPSSレーザーシステムの絶え間ない技術革新の運用の下、532nm緑色ラインレーザーモジュールのかなり実用化されたデバイスが作られています。 広いファン角度と継続的な小包供給を備えた認定ガラスコーティングレンズを使用した動作下では、適切な設置と正しい位置への調整が行われた場合にのみ、この産業用安定化レーザーラインジェネレーターは、優れた緑色レーザー光源の発光と超微細で鮮明な発光を実現しました。 さまざまな作業距離でのグリーンラインの連続投影。

レーザーポインター 532nm レーザーモジュール

532nm 緑色ライン レーザー モジュールを通常使用すると、かなり長時間動作する必要があります。 これは、安定した信頼性の高いパフォーマンスを保証するための重要な部分です。 その結果、金属製ヒートシンク冷却システムの通常の使用は、耐久性の高い陽極酸化アルミニウム合金ハウジング チューブで構成されます。 連続的な線の投影が可能になると、良好な熱放出と熱伝導率が得られます。 1 日あたり 8 ~ 10 時間以内に、常に緑色の基準線を長期間投影することができます。 チューブを冷却するのに十分な時間とスペースを残すだけです。

実際の正確なライン位置決め作業では、実際の作業距離、必要なライン長、ラインの細さに応じて、この 532nm 緑色ライン レーザー モジュールは、10 ~ 110 度の広いファン角度内の広範囲の光学レンズで使用できます。 独自のガラスコーティングを採用したレンズとガラス窓の相性が良く、高品位な緑色レーザー光源の発光を実現します。 連続使用時、0.5 ~ 6 メートル以内に高い線形品質と直線性の高い緑色の基準線を投影します。 ユーザーは必要な技術データの基礎的な測定と実験を行う必要があります。 出力パワーと光学レンズ角度を正しく選択した後、このレーザーライン発生器は、レーザー切断、製材機、製材機、繊維衣類加工、軍事目標およびハイテク作業などに優れたライン調整ソリューションをユーザーにもたらします。

この 532nm 緑色ライン レーザー モジュールは、レーザー アライメント マウント ブラケットの助けを借りて、直径 16mm および 26mm 設計の異なる寸法のチューブを使用して操作する場合でも、常に取り付けが便利で、垂直または水平の作業面に緑色の基準線投影を簡単に到達させることができます。 。 これにより、ユーザーはすべての作業面上で非接触、間違いがなく、境界線の調整ソリューションを実現できます。 このアライメントレーザーは、レーザービームの焦点とレーザーライン投影方向を自由に調整すると、緑色レーザー光源を集中発光させ、遠距離でのライン投影の精度を高めます。 ユーザーは緑色 レーザーの安全性の問題に十分な注意を払い、ビーム開口部にさらされることなく正しいレーザー安全メガネを着用するだけでよく、産業用レーザーライン生成装置はユーザーに簡単で安全なライン調整結果を継続的にもたらします。

 
2024 年 2 月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829